loading...

本研究所は、安全保障を中心とする調査研究、国際交流等の目的に添って、政治、経済、外交、安全保障等の重要課題の調査研究の他、内外の有識者を招いた公開シンポジウム、研究フォーラムを行っています。

海洋安全保障に関する研究

RESEARCH

一覧へ

2016/08/09 | 研究レポート | 経済・財政・社会保障

日本銀行の金融政策にはインフレ期待形成への強い働きかけが欠けている -2%のインフレ、2%のベースアップに関する労使間合意の実現を-

北浦修敏 主任研究員による研究レポートを掲載しました。 日本銀行の金融政策にはインフレ期待形成への強い働きかけが欠けている-2%のインフレ、2%のベースアップに関する労使間合意の実現を-bp352j.pdf (要約)  本稿は、日本銀行の金融緩和が2%のインフレ目標の達成につながらない理由ととも...

2016/06/30 | 研究ノート | 外交・国際関係 | 経済・財政・社会保障

中国経済および日本企業の中国ビジネスの現状と展望

豊田主任研究員による研究ノートを掲載しました。 「中国経済および日本企業の中国ビジネスの現状と展望」(pdf) 中国商務部の統計によれば、2015年の世界から中国への海外直接投資実行額は1,263億ドルで、対前年+5.6%であった。伸び率はかつてほど高くはないが、まだ着実に増加し続けており、過去最高...

2016/06/21 | 研究ノート | 経済・財政・社会保障

世界及び日本の経済格差の現状と原因について

北浦修敏 主任研究員による研究ノートを掲載しました。 「世界及び日本の経済格差の現状と原因について」(研究ノート PDF) 1980年代から多くの国々で経済格差が再び拡大を始めており、また、2013年からPiketty(2013)、Atkinson(2015)、Bourguignon(2015)らの...

2016/06/21 | 研究レポート | 研究テーマ別の一覧 | 研究形態別の一覧 | 経済・財政・社会保障

世界及び日本の経済格差の現状と原因について- 内外のエコノミストの分析・見解を踏まえて -

北浦修敏 主任研究員による研究レポートを掲載しました。 「世界及び日本の経済格差の現状と原因について-内外のエコノミストの分析・見解を踏まえて-」(PDF) (要約)  2013年からPiketty(2013)、Atkinson(2015)、Bourguignon(2015)らの優れた一般書が刊行さ...

2016/05/23 | 研究レポート | 少子高齢社会、労働

Male and Female Happiness in Japan during the 2000s

清水谷客員研究員の研究レポート 「Male and Female Happiness in Japan during the 2000s: Trends during Era of Promotion of Active Participation by Women in Society」(英文)...

PICK UP TOPICS

INFORMATION

一覧へ

2016/07/11 | メディアへの登場

雨宮主任研究員の論考「利益率70%も確保のアップルは、なぜ「革新性」を完全に失ってしまったのか?」が、Business Journalに掲載されました。

2016/07/11 | メディアへの登場

雨宮主任研究員の論考「アップル、競合の後追いばかり...iPhoneもiPadもMacも販売大幅減」が、Business Journalに掲載されました。

2016/06/21 | メディアへの登場

雨宮主任研究員の論考「アマゾン、人間のあらゆる「用事」を音声指示のみで解決」が、Business Journalに掲載されました。

2016/06/21 | メディアへの登場

雨宮主任研究員の論考「アマゾンの失敗、スマホの「次」創出...グーグル、人の行動を予測して次の行動指示を実現」が、Business Journalに掲載されました。

2016/06/21 | メディアへの登場

雨宮主任研究員の論考「アマゾン、プライム会員向け「豪華すぎる」無料サービス拡充...格安PB投入の衝撃」が、Business Journalに掲載されました。
中曽根康弘賞