loading...

本研究所は、安全保障を中心とする調査研究、国際交流等の目的に添って、政治、経済、外交、安全保障等の重要課題の調査研究の他、内外の有識者を招いた公開シンポジウム、研究フォーラムを行っています。

RESEARCH

一覧へ

2014/11/10 | 研究ノート | 経済・財政・社会保障

日系企業の中国進出に関する現状と展望

豊田裕(主任研究員)による報告を掲載しました。 「日系企業の中国進出に関する現状と展望」(PDF) -------- 日本から中国への海外直接投資額は2014年に入って大幅減となっている。 一方で世界から中国への海外直接投資額は過去最高水準に膨れ上がっており、日本は2014年1-9月時点の国別では、...

2014/10/31 | 研究ノート | 経済・財政・社会保障

特恵貿易協定の進展と限界

安田啓(研究員)による報告を掲載しました。 「特恵貿易協定の進展と限界」(PDF) --------第二次大戦後、世界の貿易体制は1947年に成立したガット、それが発展した世界貿易機関(WTO)を軸にした多国間体制によって貿易自由化、ルール化、そして貿易秩序の維持が図られてきた。他方、1990年代以...

2014/10/20 | ディスカッションペーパー | 経済・財政・社会保障

財政の持続可能性を踏まえた世代会計の分析

北浦修敏(主任研究員)による報告を掲載しました。「財政の持続可能性を踏まえた世代会計の分析」(PDF) ---------- (要約)本稿では、様々な出生率による人口推計の下、財政の持続可能性を考慮した世代会計の分析を行った。本稿の主な結論は以下の通りである。 第1に、自然体シナリオ(現在の政策の継...

2014/10/20 | 研究ノート | 経済・財政・社会保障

世代会計の分析から見えてくること

北浦修敏(主任研究員)による報告を掲載しました。 「世代会計の分析から見えてくること」(PDF) --------- 本稿では、財政の持続可能性を考慮した世代会計の分析を下に報告を行う。分析の詳細は「財政の持続可能性を踏まえた世代会計の分析」(世界平和研究所ディスカッションペーパー)を参照されたい。...

2014/10/06 | コメンタリー | 外交・国際関係 | 防衛・安全保障

小野寺五典―一生に一度の防衛大臣―(ロバート・D・エルドリッヂ客員研究員)

9月3日、安倍晋三総理は、任期中盤の自民党与党の幹部の再編成の一環として、新たな閣僚人事を発表した。 多くの国民や外国政府内で彼を評価していた人々が残念がっているが、退任した閣僚の中には小野寺防衛大臣がいた。日本史上在任期間が4番目に長い防衛大臣であり、数多くの成果を収めるた小野寺は、内閣で最も優秀...