トップ  >  イベント・出版  >  安田啓共著『メガFTA時代の新通商戦略 現状と課題』(石川幸一、馬田啓一、高橋俊樹編著)(文眞堂、2015年)

イベント・出版

一般刊行書

2015/07/22

安田啓共著『メガFTA時代の新通商戦略 現状と課題』(石川幸一、馬田啓一、高橋俊樹編著)(文眞堂、2015年)

安田研究員の著書『メガFTA時代の新通商戦略 現状と課題』(石川幸一、馬田啓一、高橋俊樹編著)(文眞堂、2015年)が刊行されました。
安田研究員は「第5章 TTIP(米EU・FTA)のインパクト」を執筆しています。


内容:
メガFTA時代に日本企業の強みをどう活かしていくか。本書は,メガFTAによって変容する通商秩序の行方を見据えながら,グローバル化するサプライチェーンの実態と,東アジアのFTAが日本の経済と企業に与える影響を検証しつつ,メガFTA時代の新たな通商戦略の現状と課題を様々な視点から考察。今後の展望をも図る最新版。
http://www.bunshin-do.co.jp/catalogue/book4870_RS02.html#book_title
http://www.amazon.co.jp/dp/4830948701/

▲ ページ上部へ