トップ  >  イベント・出版  >  細谷雄一編著『戦後アジア・ヨーロッパ関係史 冷戦・脱植民地化・地域主義』(慶應義塾大学出版会、2015年)

イベント・出版

一般刊行書

2015/12/23

細谷雄一編著『戦後アジア・ヨーロッパ関係史 冷戦・脱植民地化・地域主義』(慶應義塾大学出版会、2015年)

細谷上席研究員による編著『戦後アジア・ヨーロッパ関係史 冷戦・脱植民地化・地域主義』(慶應義塾大学出版会、2015年)が刊行されました。


細谷上席研究員が「序章 戦後国際政治史の新しい視角」・「第1章 西側同盟のグローバル化 ヨーロッパ冷戦からアジア冷戦へ」、林研究員が「第3章 イギリスと東アジア、1945-1948年 英中友好通商航海条約交渉を中心に」を執筆しています。


内容:
戦後国際政治史を問い直す。
これまでの戦後国際政治史における「アメリカ中心の視点」を相対化し、冷戦期の四つの分断国家(ドイツ・中国・朝鮮半島・インドシナ)の誕生、脱植民地化以降のアジア・ヨーロッパ諸国の水平的な関係への移行、そして多極化・地域統合から地域間関係への萌芽、という変化を読み解く試み。
https://www.keio-up.co.jp/np/isbn/9784766422894/
http://www.amazon.co.jp/dp/4766422899/

▲ ページ上部へ