トップ  >  イベント・出版  >  2019年

イベント・出版

2019年

2019/10/16 | イベント | シンポジウム・セミナー等

「AI・デジタル・5G時代の 変容するクロスボーダービジネスをめぐる 諸問題への考察」 (國見真理子 田園調布学園大学准教授、奥野政樹 INAP Japan CEO・米国弁護士) (「情報通信技術(ICT)と国際的問題」研究会 + 「米中経済問題研究会」 所内勉強会)

 中曽根平和研究所では、標題につき、サービス取引等における国際法学・経済学・会計学分析の専門家である、田園調布学園大学の國見准教授、ならびに、インターネット分野のグローバル企業の日本法人トップであり、米国弁護士でもある、INAP Japan社の奥野CEOとの意見交換を、下記の通りにて開催しました。 ...

2019/10/07 | その他のアーカイブ

NPIメールマガジン(2019年9月17日号)

NPIメールマガジン(2019年9月17日号) 【目次】 1.特集記事 2.研究活動のご案内 3.刊行物のご案内 4.イベント・お知らせ 【特集記事】 平成の経済を振り返る 常任研究顧問 小峰隆夫(大正大学地域創生学部教授)  本稿では、平成の経済に関する私の考えを述べたい。要点は以下のとおり...

2019/10/07 | その他のアーカイブ

NPIメールマガジン(2019年8月9日号)

NPIメールマガジン(2019年8月9日号) 【目次】 1.特集記事 2.研究活動のご案内 3.刊行物のご案内 4.イベント・お知らせ 【特集記事】 米国のインド・太平洋戦略 上席研究員 森聡(法政大学法学部教授)  本年6月1日から2日にかけて、シンガポールで恒例のシャングリラ対話が開催され...

2019/10/07 | その他のアーカイブ

NPIメールマガジン(日米首脳会談特別号)

NPIメールマガジン(日米首脳会談特別号) 【特集記事】 念には念を入れて-トランプ大統領訪日に寄せて 久保文明・研究本部長(東京大学法学政治学研究科教授)  安倍晋三首相に近い首相官邸の情報筋によると、首相はアメリカのドナルド・トランプ大統領と何度も話したことがあるにもかかわらず、しばしば同じ...

2019/10/07 | その他のアーカイブ

NPIメールマガジン(2019年5月16日号)

中曽根平和研究所(NPI)メールマガジン (2019年5月16日号) 【目次】 1.特集記事 2.研究活動のご案内 3.刊行物のご案内 4.イベント・お知らせ 【特集記事】 ブレグジットの現状と展望-危機に直面する民主主義- 上席研究員 細谷雄一(慶應義塾大学法学部教授) ■閉塞状況のイギリス...

2019/10/07 | その他のアーカイブ

NPIメールマガジン(2019年3月7日号)

中曽根平和研究所(NPI)メールマガジン (2019年3月7日号)  日頃当研究所をご支援頂き、ありがとうございます。今後私どもは、「より開かれた」組織として「より早く」研究成果を皆様にお届けするため、遅ればせながらメールマガジンを始めます。第一級の報告に絞り、読みやすい形でまとめます。ぜひご一...

2019/09/27 | イベント | 国際会議等

第10回 東京-ソウル・フォーラム

 中曽根平和研究所(以下、NPI)と韓国のシンクタンクであるソウル国際フォーラム(以下、SFIA)は、2019年9月20日~9月21日に「第10回 東京-ソウル・フォーラム」をソウル市で開催した。  東京-ソウル・フォーラムは、日韓の相互理解促進・日韓関係の友好的発展を目的とし、外交・安保・経済・社...

2019/08/09 | NPI / IIPS Quarterly

第10巻第3号(2019年7月)

●巻頭論文 「トランプと習近平への感謝状」藤崎一郎 「韓国内の歴史論争が揺るがす日韓関係」西野純也 ●政策研究 「米国のインド太平洋戦略」森 聡 「平成の経済を振り返る」小峰隆夫 「トランプのアメリカ―WTO軽視の心理分析~共和党保守派の思想の影響~」杣谷晴久 「米国製造2025・半導体の潜在力を考...

2019/08/05 | イベント | シンポジウム・セミナー等

「知りたいことを聞く」シリーズ「戦後処理をめぐる論争:日中関係--これまで、今、これから」(バラク・クシュナー ケンブリッジ大学教授)

 中曽根平和研究所では、英語圏を代表する日本・東アジア研究者の一人で、中曽根康弘賞優秀賞を本年受賞された、ケンブリッジ大学のバラク・クシュナー教授と、標題に関して、会員・研究所員との意見交換を開催しました。  議論の概要は下記3のとおりですが、オフレコを前提としていますので、これ以上の詳細は割愛いた...

2019/07/29 | コロキアム等

米中経済研究会「コロキアム」No.2「南太平洋に於ける中国の経済的プレゼンス台頭と日本はじめ諸外国のアクション」(黒崎岳大 東海大学 現代教養センター 講師)

中曽根平和研究所では、日本における太平洋諸島地域のエキスパートであり、中曽根康弘賞を一昨年受賞された、東海大学現代教養センター講師の黒崎岳大氏と、標題に関して、会員・研究所員との意見交換を開催しました。 議論の概要は下記3のとおりですが、オフレコを前提としていますので、これ以上の詳細は割愛いたします...

▲ ページ上部へ