トップ  >  イベント・出版  >  一般刊行書

イベント・出版

一般刊行書

2017/12/01 | 一般刊行書

金鍾泌著『金鍾泌証言録』 (世界平和研究所日本語版制作監修)が新潮社より出版されました。

『金鍾泌証言録』 金鍾泌/著 、中央日報社/編 、公益財団法人世界平和研究所/日本語版制作監修 、木宮正史/監訳 、若杉美奈子/訳 、小池修/訳 「日韓国交回復や様々な場で日韓関係の改善に果たした金鍾泌氏の役割を考えれば、韓国側の視点で語られた氏の言葉は日本にとっても重要な意味を持つ。互いの歴史を考...

2017/05/24 | 一般刊行書

世界平和研究所編 『国民憲法制定への道 中曽根康弘憲法論の軌跡』が文芸春秋企画出版より刊行されました。

公益財団法人 世界平和研究所編 『国民憲法制定への道 中曽根康弘憲法論の軌跡』(文芸春秋企画出版 2017年5月24日) 「我々は、政治、経済、外交、防衛、社会福祉、教育、文化、民族の歴史、伝統を集約しながら、新しい憲法のもとに日本の新しい時代を切り拓いてゆかねばならない。そして、それは明治の日本立...

2016/02/24 | 一般刊行書

松本太『世界史の逆襲 ウェストファリア・華夷秩序・ダーイシュ』(講談社、2016年)

松本前主任研究員が、単著『世界史の逆襲 ウェストファリア・華夷秩序・ダーイシュ』(講談社、2016年)を刊行しました。 内容:止まらない殺戮の連鎖。人間は野蛮な時代に戻るのか? 駐シリア臨時代理大使が絶望の中心地で見た戦争の本当の姿と日本のサバイバル戦略。 「想像してみてください。わずか四年の内に日...

2015/12/23 | 一般刊行書

細谷雄一編著『戦後アジア・ヨーロッパ関係史 冷戦・脱植民地化・地域主義』(慶應義塾大学出版会、2015年)

細谷上席研究員による編著『戦後アジア・ヨーロッパ関係史 冷戦・脱植民地化・地域主義』(慶應義塾大学出版会、2015年)が刊行されました。 細谷上席研究員が「序章 戦後国際政治史の新しい視角」・「第1章 西側同盟のグローバル化 ヨーロッパ冷戦からアジア冷戦へ」、林研究員が「第3章 イギリスと東アジア...

2015/08/03 | 一般刊行書

北岡伸一『門戸開放政策と日本』(東京大学出版会、2015年)

北岡研究本部長が、単著『門戸開放政策と日本』(東京大学出版会、2015年)を刊行しました。 内容:20世紀へ至るなかで"門戸開放"という外交方針を確立し、国際政治の舞台に躍り出たアメリカに対し、日本はどのように向き合ったのか――19世紀終わりから第二次大戦後まで、日米関係を軸に外交の重要局面を歴史・...

2015/07/24 | 一般刊行書

細谷雄一『戦後史の解放 I 歴史認識とは何か 日露戦争からアジア太平洋戦争まで』(新潮選書、2015年)

細谷上席研究員が、単著『戦後史の解放 I 歴史認識とは何か 日露戦争からアジア太平洋戦争まで』(新潮選書、2015年)を刊行しました。 内容:なぜ今も昔も日本の「正義」は世界で通用しないのか――国際社会との「ずれ」の根源に迫る歴史シリーズ第一弾。日露、第一次大戦の勝利によって、世界の列強の仲間入りを...

2015/07/24 | 一般刊行書

雨宮寛二共著『角川インターネット講座 第11巻 進化するプラットフォーム グーグル・アップル・アマゾンを超えて』(出井伸之監修)(角川学芸出版、2015年)

雨宮主任研究員の著書『角川インターネット講座 第11巻 進化するプラットフォーム グーグル・アップル・アマゾンを超えて』(出井伸之監修)(角川学芸出版、2015年)が刊行されました。 雨宮主任研究員は、「第5章 アマゾンのビジネス戦略」を執筆しています。 内容:グーグルやアップルの台頭により、注目を...

2015/07/22 | 一般刊行書

安田啓共著『メガFTA時代の新通商戦略 現状と課題』(石川幸一、馬田啓一、高橋俊樹編著)(文眞堂、2015年)

安田研究員の著書『メガFTA時代の新通商戦略 現状と課題』(石川幸一、馬田啓一、高橋俊樹編著)(文眞堂、2015年)が刊行されました。安田研究員は「第5章 TTIP(米EU・FTA)のインパクト」を執筆しています。 内容: メガFTA時代に日本企業の強みをどう活かしていくか。本書は,メガFTAによっ...

2015/04/10 | 一般刊行書

安田啓共著『FTA戦略の潮流 課題と展望』(石川幸一、馬田啓一、国際貿易投資研究会編著)(文眞堂、2015年)

安田研究員の著書『FTA戦略の潮流 課題と展望』(石川幸一、馬田啓一、国際貿易投資研究会編著)(文眞堂、2015年)が刊行されました。安田研究員は「第5章 TTIP(米EU・FTA)交渉の現状と展望」を執筆しています。 内容: ドーハ・ラウンドの停滞によって、メガFTA締結が今や世界の潮流となった。...

2015/03/25 | 一般刊行書

藤和彦『原油暴落で変わる世界』(日本経済新聞出版社、2015年)

藤主任研究員が、単著『原油暴落で変わる世界』(日本経済新聞出版社、2015年)を刊行しました。 内容: 原油価格下落の効果はプラスだけではない。金融市場を通じて経済に負の連鎖が生じる可能性があり、ロシア経済、中東地域の不安定要因でもある。原油暴落のインパクトを経済、地政学両面から解き明かす緊急出版。...

▲ ページ上部へ