トップ  >  イベント・出版  >  一般刊行書

イベント・出版

一般刊行書

2013/11/26 | 一般刊行書

藤和彦『シェール革命の正体 ロシアの天然ガスが日本を救う』(PHP研究所、2013年)

藤主任研究員が、単著『シェール革命の正体 ロシアの天然ガスが日本を救う』(PHP研究所、2013年)を刊行しました。 内容: アメリカのシェール革命によって引き起こされる、世界資源地図の書き換えの行方と、それに対する日本の取るべき戦略を説き明かす。 日・米・ロ・中、これらの4大プレーヤーが、これから...

2013/08/28 | 一般刊行書

雨宮寛二『アップルの破壊的イノベーション ケーススタディから競争戦略を読み解く』(NTT出版、2013年)

雨宮主任研究員が、単著『アップルの破壊的イノベーション ケーススタディから競争戦略を読み解く』(NTT出版、2013年)を刊行しました。 内容: ジョブズはいかにして競争優位を築き、持続させることができたのか?クレイトン・クリステンセンが提唱した「イノベーションの法則」を分析フレームワークとして、ア...

2013/03/31 | 一般刊行書

情報通信総合研究所編、雨宮寛二訳『Information & Communications in Japan Yearbook 2013』(情報通信総合研究所、2013年)

雨宮主任研究員が、翻訳書『Information & Communications in Japan Yearbook』(NTT出版、2013年)を刊行しました。 内容: 『情報通信データブック2013』をもとに、急激な変化を続ける日本の情報通信産業全般の動きを体系的にまとめた、日本で唯一の...

2013/01/29 | 一般刊行書

藤和彦『日露エネルギー同盟』(エネルギーフォーラム新書、2013年)

藤主任研究員が、単著『日露エネルギー同盟』(エネルギーフォーラム新書、2013年)を刊行しました。 内容: シェールガス革命でエネルギー・モンロー主義化する米国、日本は米国との同盟関係を維持しつつ、中国とライバル関係にあるロシアと提携し、中国をけん制する発想が肝心だ。ロシアとの同盟をあえて「エネルギ...

2011/04/25 | 一般刊行書

世界平和研究所編『日米同盟とは何か』(中央公論新社、2011年)

世界平和研究所は、米日財団による助成プロジェクト「日米同盟の将来」(2008年-2010年)の成果として、以下の本を刊行しました。 世界平和研究所編、北岡伸一、渡邉昭夫監修『日米同盟とは何か』(中央公論新社、2011年)・詳細はこちら(PDF)・補足(PDF)出版社での紹介ページはこちらhttp:/...

▲ ページ上部へ