トップ  >  イベント・出版  >  国際会議等

イベント・出版

国際会議等

2002/12/10 | 国際会議等

「IT革命の進展とセキュリティ上の課題 」国際会議・シンポジウム

会議日程 1.日時:平成14年12月10日(火)・11日(水) 2.場所:東京全日空ホテル    会議‥‥「オーロラ」    シンポジウム‥‥「グローリー」 3.スケジュール (1) 第1セッション(10日(火) 10:00~12:30) 議 題:「ITと社会のセキュリティ」 報告者:辻井重男(中央...

2002/11/12 | 国際会議等

「9.11 以降の新しい国際秩序における欧州の役割と日本 」国際会議・シンポジウム

会議日程 1.日時:平成14年11月12日(火)・13日(水)・14日(木) 2.場所:東京全日空ホテル    会議‥‥「オーロラ」    シンポジウム‥‥「グローリー」 3.スケジュール (1) 第1セッション(12日(火) 10:00~12:30) 議 題:「欧州の拡大と将来」 報告者:Bern...

2002/10/25 | 国際会議等

フランソワ・エイスブール 英国IISS理事会議長 講演会 「9.11テロ攻撃後の戦略的変化」

於:キャピトル東急ホテル  世界平和研究所は、日本財団の助成を受け、10月25日、キャピトル東急ホテルにて フランソワ・エイスブールIISS理事会議長の「9.11テロ攻撃後の戦略的変化」に関す る講演を開催した。  講演の冒頭、エイスブール議長は、9.11テロ攻撃によって、世界はなお冷戦時代の ...

2002/07/04 | 国際会議等

ダニエル・ボブ氏(元米国上院議員秘書)講演会 「米国議会から見た日本と中国」

於:キャピトル東急ホテル  当研究所は、7月4日、ダニエル・ボブ元米国上院議員秘書による「米国議会から見た日本と中国」と題する講演会を開催した(日本財団との共催)。  講演でボブ氏は、米国議会では近年、対日関心が低下してきているが、これとは対照的に、中国への関心は非常に高まっている点について述べ...

2002/06/14 | 国際会議等

駐日エジプト大使マハムード・カレム閣下 「エジプトから見た中東情勢」

於:全日空ホテル  世界平和研究所は、日本財団の助成を受け、6月14日、全日空ホテルにてマハムード・カレム駐日エジプト特命全権大使の「エジプトから見た中東情勢」に関する講演を開催した。  講演の冒頭、カレム大使は、エジプトは、ラムセス国王とヒッタイト族との間で史上最古の平和条約を結んだように、こ...

2002/01/31 | 国際会議等

平和研国際会議・シンポジウム「新たな時代の日本の安全保障について」1

 大河原理事長の挨拶に続き、薬師寺研究主幹からパネリストの紹介があり、シンポジウムが開始された。初めに、各パネリストより発表があった。 【志方俊之 帝京大学教授】 9月11日のテロをきっかけに世界が変わった。米国がその強さを再認識し、中央アジアに足場を得、中国の動きにストップをかけた。不審船事件で...

2001/12/11 | 国際会議等

「南・東南アジア地域における海洋安全保障」国際会議・シンポジウム

各セッションの議事内容及び参加者の報告ペーパー・プレゼンテーションは下記のリンクよりご覧いただけます。(PDFファイル、報告ペーパーは英語のみ) 会議日程 1.日時:平成13年12月11日(火)・12日(水)・13日(木) 2.場所:東京全日空ホテル    会議...「オーロラ」    シンポジウム...

2001/11/26 | 国際会議等

駐日アメリカ合衆国特命全権大使ハワード・H・ベーカー閣下 「9月11日後の日米関係」

於:ホテルオークラ ベーカー大使は、講演の冒頭、9月11日のテロ攻撃は、非常に大きな惨劇であり、トラウマを残す事件ではあったが、日米関係の緊密さを再認識させる契機となった点を強調した上で、今回のテロとの戦いの意義及び今後の日米関係について次のように語った。 テロとの戦いにおいては、長期的なビジョン...

2001/11/14 | 国際会議等

「IT革命がもたらす問題と国家の役割」

スケジュール (1)第1セッション(14日(水)10:00~12:30) 議 題:「経済・金融」 報告者:東京大学大学院経済学研究課・奥野(藤原)正寛教授[PDF]     Centre for the Study of Financial Innovation(英国)・Andrew Hilton所...

2001/10/25 | 国際会議等

ベルンハルト・フォーゲル ドイツチューリンゲン州首相 講演会 「EUの将来」

於:ホテルニューオータニ (1)EU拡大の意義 9月11日の米国における同時多発テロは、単に対米国ということのみならず文明社会全体に対する挑戦であり、世界はテロリズムに対して一致団結して立ち向かっていく必要があろう。こうした中で、ヨーロッパでは、政治的安定のために欧州統合を深化させ、同時に拡大さ...

▲ ページ上部へ