トップ  >  研究  >  第二期ジルマ・ルセフ政権(ブラジル)への考察

研究

研究ノート

2015/04/13

第二期ジルマ・ルセフ政権(ブラジル)への考察

豊田裕(主任研究員)による報告を掲載しました。
「第二期ジルマ・ルセフ政権(ブラジル)への考察」(PDF)


--------
民主化以降において最も接戦となったブラジル大統領選挙の決選投票を2014年10月に制したジルマ・ルセフ大統領の第二期政権が、2015年1月よりスタートした。
第一期政権の発足前年である2010年に、+7.5%と高い実質GDP成長率を記録していたブラジル経済は、BRICsの一員として2010年代の新興国経済を牽引するのではないかという期待に溢れていたが、第一期政権の四年間において成長スピードは大幅に減速し、2014年の実質GDP成長率は+0.1%にとどまってしまった。(図表1参照)


ルーラ政権での好調が、この四年間で何故後退してしまったのか、ルセフ政権の問題点をルーラ政権との比較の上で洗い出し、第二期ルセフ政権の課題を明確にし、政権がこれからどのように対応していくべきかを考察したい。


また、諸機関のアンケート等の結果から、ブラジルは日本に対して非常に良好なイメージを持っているということが確認できたが、足下の実際の日伯経済関係においては、貿易・投資等の実績は両国の経済規模に対して非常に小さな割合にとどまっている。足下停滞気味のブラジル経済に対して、日本からの関心は薄れている傾向にあるようだが、中長期的な観点においてはブラジルとの関係を密にしていくことが日本にとっては重要である。日本がブラジルにどのように対応していくべきかについても、考察したい。

▲ ページ上部へ