トップ  >  研究  >  米国の海洋戦略と「日米防衛協力のための指針」

研究

研究ノート

2015/10/16

米国の海洋戦略と「日米防衛協力のための指針」

松崎みゆき(主任研究員)による報告を掲載しました。
「米国の海洋戦略と「日米防衛協力のための指針」」(PDF)


--------
2015年4月、新たな「日米防衛協力のための指針」(以下、新「指針」)が策定された。「指針」は法的拘束力を持たないため、実効性の確保には国内法整備が必要とされるが、同年9月に安全保障関連法が成立し、新「指針」と安全保障法制との整合性が図られた。新「指針」をめぐっては、既に広く議論されているところではあるが、本稿はこれまで着目されてこなかった米国の海洋戦略との関連から、新「指針」について述べるものである。なお、最新の海洋戦略が2015年3月に公表されていることから、米国防関連組織において、海洋戦略と「指針」改訂に係る検討作業は、同時期に実施されていたと推測できる。

▲ ページ上部へ