トップ  >  研究  >  不安の高まる中国経済の現状と展望

研究

研究ノート

2015/10/26

不安の高まる中国経済の現状と展望

北浦修敏(主任研究員)による報告を掲載しました。
「不安の高まる中国経済の現状と展望」(PDF)


----------
(概要)
今年の6月から8月にかけての中国株式市場の暴落と国際的な金融・資本市場の混乱に伴い、中国経済に関する悲観論が高まっている。また、中国政府の公表する成長率に疑いの目が向けられている。本稿は、中国経済の現状と展望に関して、海外のマクロ・エコノミストの論調を踏まえて、筆者の見解を整理したものである。詳細は、世界平和研究所・研究レポート「中国株式市場の暴落から始まった今夏の金融・資本市場の混乱と今後の中国経済の見通しについて」を参照されたい。

▲ ページ上部へ