トップ  >  研究  >  海上における危機管理~現場からの緊急提言~東アジアの海洋安全保障に関する中曽根提言を受けて

研究

政策提言

2016/10/28

海上における危機管理~現場からの緊急提言~東アジアの海洋安全保障に関する中曽根提言を受けて

海上における危機管理

―現場からの緊急提言―

東アジアの海洋安全保障に関する中曽根提言を受けて

20161028

201512月に発表された「東アジアの海洋安全保障に関する中曽根提言」を具体化するための検討を行うべく、世界平和研究所では防衛省・自衛隊及び海上保安庁の元幹部並びに学会有識者からなる研究委員会を発足させました。

本研究委員会は今年3月から検討を開始し、このたび「海上における危機管理」に関する報告書をとりまとめました。提言の主な内容は、海上における危機管理の方策と考慮事項、海上における危機管理及び他の海洋安全保障分野のための能力構築の2つです。

当研究所では、20161028日に東京で実施したシンポジウムにおいて本報告書を発表致しました。今後、本シンポジウムの結果を基に、海外の有識者とも意見交換を深めるため、近く国際会議も開催する予定です。

報告書の和文及び英訳はそれぞれ次のリンクからダウンロードが可能です。

日本語版:報告書全文(PDF)
英語版:報告書全文(PDF)

▲ ページ上部へ