トップ  >  研究  >  安定成長の下で不確実性を高める中国経済の現状と見通しについて 

研究

研究ノート

2017/01/06

安定成長の下で不確実性を高める中国経済の現状と見通しについて 

北浦修敏 主任研究員による研究ノートを掲載しました。

安定成長の下で不確実性を高める中国経済の現状と見通しについて(pdf

本稿は、2016年の中国経済のファンダメンタルズに関して評価を行い、中長期的な見通しについて論ずるものである。2015年夏及び2016年初の中国株式市場の暴落及び人民元の下落以降、中国経済について不安視する声を高まっていたが、2015年末以降の経済刺激策や資本取引規制の強化等により、2016年の中国経済は公式上6.5%程度の安定成長を続けている。しかしながら、中国経済は、潜在成長率の低下、投資主導の成長モデルの行き詰り、債務の急拡大、経済格差の拡大等の多くの構造問題に直面し、また、経済刺激策により支えられた景気拡大は更なる債務の拡大を通じて、脆弱性を蓄積している。一方で、中国の長期的な潜在力は依然として高い。筆者は中国経済の先行きに関しては、警戒しつつも楽観的である。(本稿の詳細については、世界平和研究所研究レポート「不確実性を高める中国経済の現状と見通しについて-国際機関の分析や海外のエコノミストの論調を踏まえて-(bp353j.pdf)」を参照されたい。)


▲ ページ上部へ