トップ  >  研究  >  「グレーゾーン事態への対処」提言書を発表しました。

研究

政策提言

2018/06/27

「グレーゾーン事態への対処」提言書を発表しました。

提言書表紙

海と空のグレーゾーン事態への対処 - その問題と対策 -

 純然たる平時でもなく有事でもない事態、いわゆるグレーゾーン事態が我が国周辺でいつ起こってもおかしくない現状にあり、それへの対処が我が国最重要の課題となっています。

 中曽根康弘世界平和研究所では、有識者からなる研究委員会を発足させ、今年1月から上記問題に関する検討を開始し、この度「海と空のグレーゾーン事態への対処 -その問題と対策-」と題する提言書をとりまとめました。

 提言の主な内容は、以下の3点です。

1 対象海域で海上警備行動を発令することなく事態に効果的に対処するためのもの

2 対象海域で海上警備行動を発令し効果的に事態に対処するためのもの

3 多様化する領空侵犯事態に効果的に対処するためのもの

提言書の内容は右のリンクgrayzone_teigen.pdfからダウンロードが可能です。

▲ ページ上部へ