トップ  >  研究  >  2019年

研究

2019年

2019/06/14 | 研究ノート | 科学技術・教育・文化・メディア

「情報通信技術と国際的問題」研究会レポートNo.1-「AIは世界に平和をもたらすのか?-人工知能・5つの闘究-」(岩田祐一主任研究員)を掲載しました。

AIは世界に平和をもたらすのか?-人工知能・5つの闘究- 岩田祐一(主任研究員) レポート本文はこちらからダウンロードできます。 (要旨) ■データの蓄積・共有の世界的な拡がり・深みと、ネットワーク・コンピューティングパワーの強化が相まって、人工知能(AI)は、世界平和に寄与しうる、以下5つの要素を...

2019/06/11 | コメンタリー | 外交・国際関係 | 経済・財政・社会保障

中国レアアース問題の再燃

「中国レアアース問題の再燃」 (米中経済研究会コメンタリーNo.5) 江藤 進 (主任研究員) 横山 昭雄(主任研究員) 2019年6月10日 コメンタリーの全文はこちらから 1. 懸念された中国による報復のカード ・「中国製造2025」等、中国の覇権に向けた動きを背景に昨年から続く米国による中...

2019/06/04 | 研究ノート | 外交・国際関係 | 経済・財政・社会保障

米中経済研究会レポートNo.15ー 「トランプのアメリカ-WTO軽視の心理分析」(杣谷晴久主任研究員)を掲載しました。

米中経済研究会レポートNo.15ー 「トランプのアメリカ-WTO軽視の心理分析 ~共和党保守派の思想の影響~」(杣谷晴久主任研究員) レポート本文はこちらからダウンロードでご覧になれます。 (要旨) ●トランプ大統領は脱退をほのめかすほどWTOを軽視。パリ協定離脱、武器貿易条約の署名撤回等「多国間...

2019/05/20 | コメンタリー | 外交・国際関係 | 科学技術・教育・文化・メディア

中国・華為技術(ファーウェイ)の激震を読み解くPART II 主任研究員 岩田祐一

中国・華為技術(ファーウェイ)の激震を読み解く PART II (「情報通信技術(ICT)と国際的問題」研究会コメンタリーNo.1) (米中経済研究会コメンタリーNo.4) 主任研究員 岩田祐一 ※5月20日(月)日本時間午前8時時点の情報に基づく ※本コメンタリーの昨年12月前稿は以下ご参照くださ...

2019/04/16 | 研究ノート | 外交・国際関係 | 経済・財政・社会保障

米中経済研究会レポートNo.13ー 「中国製造2025・半導体の潜在力を考える」(江藤進主任研究員)を掲載しました。

米中経済研究会レポートNo.13ー 「中国製造2025・半導体の潜在力を考える」(江藤進主任研究員) レポート本文はこちらからダウンロードでご覧になれます。 (要旨) 〇米中新冷戦は長期化が想定され、中国製造2025の核心である半導体が標的の1つとなってきた一方、中国の半導体産業は外資依存等の課題...

2019/04/15 | 研究ノート | 外交・国際関係 | 経済・財政・社会保障

米中経済研究会レポートNo.12―「米国の鉄鋼輸入関税がもたらす影響について―関税賦課決定後1年を振り返って―」を掲載しました。

米中経済研究会レポートNo.12―「米国の鉄鋼輸入関税がもたらす影響について―関税賦課決定後1年を振り返って―」 レポート本文はこちらからダウンロードでご覧になれます。 (要旨) ●2018年3月8日、米国トランプ大統領は、安全保障上の必要を理由に、鉄鋼の輸入に25%の追加関税を賦課することを決定し...

2019/03/26 | 研究ノート | 外交・国際関係 | 経済・財政・社会保障

木村藍子主任研究員「USTR「中国のWTO遵守レポート」から見た「中国とWTO」の変遷;米国の失望と怒り」

USTR「中国のWTO遵守レポート」から見た「中国とWTO」の変遷;米国の失望と怒り 木村藍子(主任研究員) レポート本文はこちらからダウンロードでご覧になれます。 (要旨) ●現在の「米中貿易戦争」は、政権・貿易担当主要閣僚の意向の影響が大きいが、中国加盟以来のUSTR の「中国とWTO」の評価...

2019/03/25 | 研究レポート | 外交・国際関係 | 科学技術・教育・文化・メディア | 経済・財政・社会保障

米中経済研究会レポート集

米中経済研究会のレポート集を掲載しました。 本文はこちらからダウンロードできます。 (内容) 〇トランプ政権の国際経済政策の動向と日本の対応 〇米中知財紛争は構造的問題 〇WTOは現在の貿易戦争を解決できるか? 〇今後の日米通商協議を考える 〇WTO設立の歴史と課題 アメリカは脱退するか? 〇今後の...

2019/03/20 | 研究レポート | 防衛・安全保障

現代における潜水艦による通商破壊の妥当性

浦口薫 主任研究員による研究レポート「現代における潜水艦による通商破壊の妥当性」を掲載しました。 本文はこちらからダウンロードいただけます。 (要旨) 〇 現代の潜水艦による通商破壊の妥当性については異なる見解が存在する。軍事史的観点からは異なる2つの見解が存在する。1つ目は潜水艦は主として通商...

2019/03/20 | 研究ノート | 外交・国際関係 | 経済・財政・社会保障

米中経済研究会レポートNo.11ー 「米中摩擦による日本の対中国ビジネスへの影響」を掲載しました。

米中経済研究会レポートNo.11ー 「米中摩擦による日本の対中国ビジネスへの影」 レポート本文はこちらからダウンロードでご覧になれます。 (要旨) ●2018年の米中貿易摩擦の激化に加え、同年末にかけて顕在化した中国経済の変調により、今後の対中国ビジネスの方向性に対する不透明感が強まっている。  ●...

▲ ページ上部へ