トップ  >  研究  >  研究ノート

研究

研究ノート

2019/07/12 | 研究ノート | 科学技術・教育・文化・メディア

「情報通信技術と国際的問題」研究会レポートNo.2ー「国際標準化の「変貌」と日本に必要な「対応」」を掲載しました。

国際標準化の「変貌」と日本に必要な「対応」  ~「ルール設定主導」の流れに対する日本の心理的「強み弱み」を踏まえ~ (「情報通信技術と国際的問題」研究会レポートNo.2) 森 直子 (機械振興協会経済研究所 研究副主幹) 稲葉 緑 (情報セキュリティ大学院大学  准教授) 岩田 祐一 (中曽根平和...

2019/07/08 | 研究ノート | 外交・国際関係 | 経済・財政・社会保障

米中経済研究会レポートNo.16ー「WTO改革と開発;米中から見たWTO「途上国ステータス」問題」(木村藍子主任研究員)を掲載しました。

米中経済研究会レポートNo.16-「WTO改革と開発;米中から見たWTO「途上国ステータス」問題」(木村藍子主任研究員) レポート本文はこちらからダウンロードでご覧になれます。 (要旨) ●GATT/WTOは、設立初期から途上国に対する優遇措置であるS&Dを導入、整備してきた。しかし、198...

2019/06/14 | 研究ノート | 科学技術・教育・文化・メディア

「情報通信技術と国際的問題」研究会レポートNo.1-「AIは世界に平和をもたらすのか?-人工知能・5つの闘究-」(岩田祐一主任研究員)を掲載しました。

AIは世界に平和をもたらすのか?-人工知能・5つの闘究- 岩田祐一(主任研究員) レポート本文はこちらからダウンロードできます。 (要旨) ■データの蓄積・共有の世界的な拡がり・深みと、ネットワーク・コンピューティングパワーの強化が相まって、人工知能(AI)は、世界平和に寄与しうる、以下5つの要素を...

2019/06/04 | 研究ノート | 外交・国際関係 | 経済・財政・社会保障

米中経済研究会レポートNo.15ー 「トランプのアメリカ-WTO軽視の心理分析」(杣谷晴久主任研究員)を掲載しました。

米中経済研究会レポートNo.15ー 「トランプのアメリカ-WTO軽視の心理分析 ~共和党保守派の思想の影響~」(杣谷晴久主任研究員) レポート本文はこちらからダウンロードでご覧になれます。 (要旨) ●トランプ大統領は脱退をほのめかすほどWTOを軽視。パリ協定離脱、武器貿易条約の署名撤回等「多国間...

2019/04/16 | 研究ノート | 外交・国際関係 | 経済・財政・社会保障

米中経済研究会レポートNo.13ー 「中国製造2025・半導体の潜在力を考える」(江藤進主任研究員)を掲載しました。

米中経済研究会レポートNo.13ー 「中国製造2025・半導体の潜在力を考える」(江藤進主任研究員) レポート本文はこちらからダウンロードでご覧になれます。 (要旨) 〇米中新冷戦は長期化が想定され、中国製造2025の核心である半導体が標的の1つとなってきた一方、中国の半導体産業は外資依存等の課題...

2019/04/15 | 研究ノート | 外交・国際関係 | 経済・財政・社会保障

米中経済研究会レポートNo.12―「米国の鉄鋼輸入関税がもたらす影響について―関税賦課決定後1年を振り返って―」を掲載しました。

米中経済研究会レポートNo.12―「米国の鉄鋼輸入関税がもたらす影響について―関税賦課決定後1年を振り返って―」 レポート本文はこちらからダウンロードでご覧になれます。 (要旨) ●2018年3月8日、米国トランプ大統領は、安全保障上の必要を理由に、鉄鋼の輸入に25%の追加関税を賦課することを決定し...

2019/03/26 | 研究ノート | 外交・国際関係 | 経済・財政・社会保障

米中経済研究会レポートNo.14-「USTR「中国のWTO遵守レポート」から見た「中国とWTO」の変遷;米国の失望と怒り」(木村藍子主任研究員)を掲載しました。

米中経済研究会レポートNo.14-「USTR「中国のWTO遵守レポート」から見た「中国とWTO」の変遷;米国の失望と怒り」(木村藍子主任研究員)を掲載しました。 レポート本文はこちらからダウンロードでご覧になれます。 (要旨) ●現在の「米中貿易戦争」は、政権・貿易担当主要閣僚の以降の影響が大きいが...

2019/03/20 | 研究ノート | 外交・国際関係 | 経済・財政・社会保障

米中経済研究会レポートNo.11ー 「米中摩擦による日本の対中国ビジネスへの影響」を掲載しました。

米中経済研究会レポートNo.11ー 「米中摩擦による日本の対中国ビジネスへの影」 レポート本文はこちらからダウンロードでご覧になれます。 (要旨) ●2018年の米中貿易摩擦の激化に加え、同年末にかけて顕在化した中国経済の変調により、今後の対中国ビジネスの方向性に対する不透明感が強まっている。  ●...

2019/01/31 | 研究ノート | 総合、その他

米中経済研究会レポートNo.10ー 「ダボス会議と多国間関係「4.0」-「Globalization 4.0」&「第四次産業革命」におけるHow To Manage-」を掲載しました。

米中経済研究会レポートNo.10ー 「ダボス会議と多国間関係「4.0」-「Globalization 4.0」&「第四次産業革命」におけるHow To Manage-」 レポート本文はこちらからダウンロードでご覧になれます。 (要旨) ●今回の世界経済フォーラム・ダボス会議は、主要各国の首脳の出欠状...

2018/12/10 | 研究ノート | 経済・財政・社会保障

米中経済研究会レポートNo.9ー 「中国のWTO 加盟;中国は加盟時の約束を守っているか? ―⽇⽶欧等の不満」を掲載しました。

米中経済研究会のレポートNo.9-「中国のWTO 加盟;中国は加盟時の約束を守っているか? ―⽇⽶欧等の不満」 レポート本文はこちらからダウンロードでご覧になれます。 (要旨) ●中国は、2001 年に15 年の⻑期にわたる困難な交渉の末、WTO に加盟。社会主義国であること、透明性の⽋如、法の予⾒...

  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 
▲ ページ上部へ