トップ  >  研究  >  外交・国際関係

研究

外交・国際関係

2015/04/27 | 研究ノート | 外交・国際関係 | 経済・財政・社会保障

中国通商政策の変遷

安田啓(研究員)による報告を掲載しました。 「中国通商政策の変遷」(PDF) -------- 世界貿易機関(WTO)の前身であるガットが1947年に創設された際、中華民国はその原加盟国であった。しかし建国当時の中華人民共和国にとってガットは資本主義体制の一角であり、敵視する存在であったため中国は1...

2015/04/13 | 研究ノート | 外交・国際関係 | 経済・財政・社会保障

第二期ジルマ・ルセフ政権(ブラジル)への考察

豊田裕(主任研究員)による報告を掲載しました。 「第二期ジルマ・ルセフ政権(ブラジル)への考察」(PDF) -------- 民主化以降において最も接戦となったブラジル大統領選挙の決選投票を2014年10月に制したジルマ・ルセフ大統領の第二期政権が、2015年1月よりスタートした。 第一期政権の発足...

2015/04/08 | 政策提言 | 外交・国際関係 | 海洋安全保障 | 防衛・安全保障

「アジア海洋安全保障協力機構 (Asian Maritime Organization for Security and Cooperation, AMOSC)」~概念枠組みに関する第一次報告書~

世界平和研究所は、本年1月30日に開催した「東アジアにおける新しい海洋安全保障アーキテクチャーに関するシンポジウム」(詳細はこちらへ)の内容を踏まえ、「アジア海洋安全保障協力機構(AMOSC)」の概念枠組みに関する第一次報告書を発表しました。 本報告書は、当研究所のAMOSC創設に係わる主要な提言と...

2015/02/23 | 研究レポート | 外交・国際関係 | 経済・財政・社会保障

中国経済研究報告書(平成26年度)

北浦修敏主任研究員・豊田裕主任研究員・松崎みゆき主任研究員・安田啓研究員による報告を掲載しました。 「中国経済研究報告書(平成26年度)」(PDF) ---------- 外交・安全保障問題を考えるにあたり、国の基礎となる経済情勢に着目することは重要です。特に、中国との関係において、同国との経済的...

2014/12/22 | 研究レポート | 外交・国際関係 | 経済・財政・社会保障

中国経済のマクロ経済分析に関する一考察-海外の国際機関等の分析から考えたこと-

北浦修敏(主任研究員)による報告を掲載しました。 「中国経済のマクロ経済分析に関する一考察-海外の国際機関等の分析から考えたこと-」(PDF) -------- (はじめに) 昨年の末から中国の不動産市場の販売が悪化を始め、本年春から生産、消費等の経済指標が弱い動きを示すようになり、最近中国経済に...

2014/12/22 | 研究ノート | 外交・国際関係 | 経済・財政・社会保障

今後の中国の経済成長について-世界のマクロ・エコノミストは現在の中国経済をどのようにみているのか-

北浦修敏(主任研究員)による報告を掲載しました。 「今後の中国の経済成長について-世界のマクロ・エコノミストは現在の中国経済をどのようにみているのか-」(PDF) -------- 過去30年間にわたり主に農村部から湾岸の工業地域に生産資源を移転する形で10%前後の実質経済成長を続けてきた中国経済に...

2014/10/06 | コメンタリー | 外交・国際関係 | 防衛・安全保障

小野寺五典―一生に一度の防衛大臣―(ロバート・D・エルドリッヂ客員研究員)

9月3日、安倍晋三総理は、任期中盤の自民党与党の幹部の再編成の一環として、新たな閣僚人事を発表した。 多くの国民や外国政府内で彼を評価していた人々が残念がっているが、退任した閣僚の中には小野寺防衛大臣がいた。日本史上在任期間が4番目に長い防衛大臣であり、数多くの成果を収めるた小野寺は、内閣で最も優秀...

2013/11/29 | 研究ノート | 外交・国際関係

韓国の経済情勢と日韓関係の展望

清水幹彦(主任研究員)による報告を掲載しました。 ・本文(PDF)...

2013/03/11 | 研究ノート | 外交・国際関係

英米関係の歴史 -「特別な関係」の実際-

細谷雄一(上席研究員)による報告を掲載しました。・IIPS Quarterly 第4巻第2号(2013年4月) P5に掲載(PDF)...

前のページへ  1  2  3  4  5  6  7  8  9 
▲ ページ上部へ