トップ  >  研究  >  経済・財政・社会保障

研究

経済・財政・社会保障

2015/10/26 | 研究レポート | 経済・財政・社会保障

中国株式市場の暴落から始まった今夏の金融・資本市場の混乱と今後の中国経済の見通しについて-海外のマクロ・エコノミストの見解を踏まえて-

北浦修敏(主任研究員)による報告を掲載しました。 「中国株式市場の暴落から始まった今夏の金融・資本市場の混乱と今後の中国経済の見通しについて-海外のマクロ・エコノミストの見解を踏まえて-」(PDF) ----------(概要)本稿は、海外のマクロ・エコノミストの見解を踏まえて、中国株式市場の暴落か...

2015/10/26 | 研究ノート | 経済・財政・社会保障

不安の高まる中国経済の現状と展望

北浦修敏(主任研究員)による報告を掲載しました。 「不安の高まる中国経済の現状と展望」(PDF) ----------(概要)今年の6月から8月にかけての中国株式市場の暴落と国際的な金融・資本市場の混乱に伴い、中国経済に関する悲観論が高まっている。また、中国政府の公表する成長率に疑いの目が向けられて...

2015/07/06 | 研究ノート | 経済・財政・社会保障

世界経済の低迷と金融・資本市場の歪みについて

北浦修敏(主任研究員)による報告を掲載しました。 「世界経済の低迷と金融・資本市場の歪みについて」(PDF) ----------(概要)日本経済は、バブル崩壊以降、ゼロやマイナスのインフレーションが常態化する中で、海外の輸出市場の動向に左右されやすく、また、金融政策も経済ショックを和らげる効果を失...

2015/07/06 | 研究レポート | 経済・財政・社会保障

世界経済の低迷、均衡実質金利の低下、金融・資本市場の歪みについて-国際機関等の報告を踏まえて-

北浦修敏(主任研究員)による報告を掲載しました。 「世界経済の低迷、均衡実質金利の低下、金融・資本市場の歪みについて-国際機関等の報告を踏まえて-」(PDF) ----------(概要)本レポートでは国際機関等の分析を中心に、世界のマクロ経済の状況を整理するとともに、金融・資本市場に生じている歪み...

2015/06/22 | 政策提言 | 外交・国際関係 | 経済・財政・社会保障 | 総合、その他 | 防衛・安全保障

世界平和研究所・ソウル国際フォーラム-日韓共同提言「新たなる日韓関係、これからの50年に想いを馳せる」

世界平和研究所(IIPS)とソウル国際フォーラム(SFIA)は、日韓基本条約調印50周年にあたる2015年6月22日、日韓有識者による共同研究成果として以下の日韓共同提言「新たなる日韓関係、これからの50年に想いを馳せる」を発表しました。 ---------- 世界平和研究所(IIPS)・ソウル国際...

2015/04/27 | 研究ノート | 外交・国際関係 | 経済・財政・社会保障

中国通商政策の変遷

安田啓(研究員)による報告を掲載しました。 「中国通商政策の変遷」(PDF) -------- 世界貿易機関(WTO)の前身であるガットが1947年に創設された際、中華民国はその原加盟国であった。しかし建国当時の中華人民共和国にとってガットは資本主義体制の一角であり、敵視する存在であったため中国は1...

2015/04/13 | 研究ノート | 外交・国際関係 | 経済・財政・社会保障

第二期ジルマ・ルセフ政権(ブラジル)への考察

豊田裕(主任研究員)による報告を掲載しました。 「第二期ジルマ・ルセフ政権(ブラジル)への考察」(PDF) -------- 民主化以降において最も接戦となったブラジル大統領選挙の決選投票を2014年10月に制したジルマ・ルセフ大統領の第二期政権が、2015年1月よりスタートした。 第一期政権の発足...

2015/02/23 | 研究レポート | 外交・国際関係 | 経済・財政・社会保障

中国経済研究報告書(平成26年度)

北浦修敏主任研究員・豊田裕主任研究員・松崎みゆき主任研究員・安田啓研究員による報告を掲載しました。 「中国経済研究報告書(平成26年度)」(PDF) ---------- 外交・安全保障問題を考えるにあたり、国の基礎となる経済情勢に着目することは重要です。特に、中国との関係において、同国との経済的...

2014/12/22 | 研究レポート | 外交・国際関係 | 経済・財政・社会保障

中国経済のマクロ経済分析に関する一考察-海外の国際機関等の分析から考えたこと-

北浦修敏(主任研究員)による報告を掲載しました。 「中国経済のマクロ経済分析に関する一考察-海外の国際機関等の分析から考えたこと-」(PDF) -------- (はじめに) 昨年の末から中国の不動産市場の販売が悪化を始め、本年春から生産、消費等の経済指標が弱い動きを示すようになり、最近中国経済に...

2014/12/22 | 研究ノート | 外交・国際関係 | 経済・財政・社会保障

今後の中国の経済成長について-世界のマクロ・エコノミストは現在の中国経済をどのようにみているのか-

北浦修敏(主任研究員)による報告を掲載しました。 「今後の中国の経済成長について-世界のマクロ・エコノミストは現在の中国経済をどのようにみているのか-」(PDF) -------- 過去30年間にわたり主に農村部から湾岸の工業地域に生産資源を移転する形で10%前後の実質経済成長を続けてきた中国経済に...

▲ ページ上部へ